© 2019   T's labo 谷口臨床心理研究所 

A:心理学の基礎

この章の領域は、下表に全ての項目を整理してありますが、極めて膨大な領域で、臨床心理学の基礎となる学習や知覚、情動などに加え、脳科学・生理学、発達心理学、社会心理学を含みます。また、臨床心理学の歴史として、その概要と重要人物も含んでいます。

この領域全体の参考資料としては、心理臨床大辞典では過不足が大き過ぎ、むしろ下記の参考資料のような一般的な心理学の教科書を使用するのが妥当だと思います。

この領域は、全体として定型的な知識を問う出題が多く、この資料のまとめ程度で大体対応できますが、A51幼児期の発達理論、A61社会心理学については、できれば、下記の参考資料に準じた入門書的書籍に目を通しておく方が良いと思います。

【参考資料】

・心理学                            鹿取廣人/杉本敏夫編       東京大学出版会

・現代心理学入門 2 発達心理学        無藤 隆ら編           岩波書店

・現代心理学入門 3 社会心理学        安藤 清志ら編        岩波書店

Ⅱ知識編は下記の“記号”欄をクリックしてください。

Ⅲ問題解釈編は“解釈”欄のQをクリックしてください。

記号

 A1 

 A11 

 A12 

 A13 

 A2 

 A21 

 A3 

 A31 

 A32 

 A4 

 A41 

 A42 

 A43 

 A5 

 A51 

 A52 

 A53 

 A6 

 A61 

 A7 

 A71 

 A72 

中分類

学習

感覚・知覚

情動・ストレス

脳・生理学

発達神経学

社会心理学

臨床心理学

細目

-

条件付け

その他の学習

記憶

-

感覚・知覚

ストレス

ストレス

その他

-

​脳波・睡眠

脳の機能

その他

-

幼児期の発達理論

精神分析関係とライフサイクル論

その他

-

社会心理学

-

臨床心理学の流れ

精神分析の系譜

スコア

-

29

24

32

-

35

-

27

23

-

36

46

16

-

53

36

32

-

74

-

34

55

比率

-

0.29

0.24

0.32

-

0.35

-

0.27

0.23

-

0.36

0.46

0.16

-

0.53

0.36

0.32

-

0.74

-

0.34

0.55

ランク

-

-

-

C

-

B

-

-

-

解釈

-

 ​Q 

 ​ 

 

-

 

-

 ​ 

 ​ 

-

  

 ​ 

 ​ 

-

 ​ 

 ​ 

 ​ 

-

 ​ 

-

 ​ 

 ​